スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「適切に対処したい」東京地検次席 小沢氏起訴相当(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、東京第5検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことを受けて、東京地検の大鶴基成次席検事は「内容を十分に検討し、適切に対処したい」とするコメントを発表した。

【関連記事】
小沢氏は「起訴相当」 検審が議決 土地購入事件
渡部氏、小沢氏起訴相当なら「結果重い」
検察審査会 納得できぬ首相「不起訴」
首相不起訴相当 資料も公表拒否 残る説明責任「国民感情で考えがたい」
小沢氏「冷静に判断を」 近く検察審査会が審査結果 政治資金規正法違反事件
「裸の王様」次に座るのは…

舛添前厚労相が自民に離党届提出 自民は議員辞職要求(産経新聞)
小池政調会長「大阪などで1国2制度、独自にルールを」(産経新聞)
橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ(産経新聞)
あおぞら銀元行員、インサイダー疑惑 きょうにも強制捜査 東京地検(産経新聞)
うつ病チェック、健診で…来年度から実施へ(読売新聞)
スポンサーサイト

寝屋川の女児虐待死、市が21回接触試みる(読売新聞)

 1歳10か月の岸本瑠奈ちゃんが亡くなった大阪府寝屋川市の虐待死事件で、同市が虐待の兆候をつかんでから約1年8か月間に行った対応の詳細が判明した。

 同市は、21回にわたって家庭訪問や電話などで瑠奈ちゃんの状態を確認しようとしたが、悲劇は防げなかった。

 専門家は「虐待のサインを見過ごすなど判断が甘い」と指摘。同市は「実態把握が十分ではなかった」とし、外部専門家も交えた検証委員会を設置した。

 ◆育児放棄の疑い

 瑠奈ちゃんが2008年5月2日に生まれた病院の医師が、生後1か月健診を受けないことを不審に思い、6月4日、同市に連絡した。同市は同月中に2回、自宅を訪ねたが接触できず、同月25日、同市要保護児童対策地域協議会で報告。同協議会は「育児放棄(ネグレクト)の疑いがある」と判断し、支援方針を決めた。

 市の保健師が瑠奈ちゃんと初めて会えたのは、1か月を過ぎた7月16日。自宅で確認したが虐待はうかがえず、応対した父親に健診を受けるよう説明した。

 同市はその後も接触を試みた。同年9月~09年10月の間にも家庭訪問を繰り返したが、そのうち、両親と面談できたのは6回。不在だったり、入浴中だったりで、7回は会えなかった。

 さらに、同市は、両親と市の施設で3回面談したり、2回電話をかけたりし、健診を受けさせるよう説得したが、瑠奈ちゃんが健診に訪れることはなかった。

 ◆ほおにあざ

 同市が瑠奈ちゃんに会えたのは5回。そのうち3回は、ほおにあざがあるのを確認した。

 1回目は09年2月24日。家庭訪問で健診を約束させたものの、健診に来なかったため、再び家庭訪問した際に見つけた。あざは薄く、同市は「姉がたたいた」とする母親の説明をうのみにした。

 2回目は、瑠奈ちゃんが母親に連れられて市の施設を訪問した7月3日。母親はあざの原因について、前回と同じ説明をし、7月30日に自宅を訪ねた際、あざが消えていたため、同市はそのままにしていた。

 3回目の10月16日には、自宅を訪れた保育士が「4人の子育てで毎日大変ですね。ストレスはたまりませんか?」と尋ねると、母親は「本気で怒ってグーが出ることもある」と説明。あざについては、今回も姉のせいにした。

 ◆検証委設置

 同市は、あざを確認して以降も児童相談所に連絡はしなかった。10年1月12日、親子の交流イベントへの参加を母親に断られ、再び家庭訪問することを決めたが、同月27日、瑠奈ちゃんは意識不明で病院に運ばれ、そのまま息を引き取った。

 同市は事件発覚後の4月12日、関係各部署のほか、府中央子ども家庭センターや弁護士が加わった検証委員会を設置した。5月末に報告書をまとめる。同市は「今から思えば虐待のシグナルはいくつかあったが、気付くことができなかった。委員会では問題点を検証したい」としている。

 児童相談所に約20年間勤務した安部計彦(かずひこ)・西南学院大准教授(児童福祉)の話「あざが確認される度に、母親が同じ説明を繰り返すのはおかしい。市の取り組む姿勢は評価できるが、家庭状況全般を見ながら判断すべきだった。明らかな証拠がないと、虐待かどうかの判断が難しく、多くの経験を持つ児童相談所に相談する必要があった」

4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記-自民公約原案(時事通信)
首長新党 新党名はなんと「日本創新党」!(産経新聞)
<普天間移設>連立内から「5月末は無理」(毎日新聞)
「持ち直し」に上方修正=消費動向調査の基調判断-3月(時事通信)
<自民党>郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任(毎日新聞)

新型スカイライナー 走行試験が本格化 成田と都心結ぶ(毎日新聞)

 成田国際空港と都心を結ぶ新しい足として期待される成田新高速鉄道(成田スカイアクセス)で、新型スカイライナーの走行試験が本格化している。

【写真特集】新型スカイライナーの内外装をあらゆる角度からみる

 同鉄道は7月17日の開業予定。北総鉄道の既存軌道を利用し、印旛日本医大駅から空港第2ビル駅までの19.1キロに新たな軌道を敷いた。新駅として成田湯川駅(千葉県成田市)を設けている。成田空港(空港第2ビル駅)と都心(日暮里駅)を従来より15分早い最速36分で結ぶ。

 運行主体の京成電鉄は既に6編成の新型スカイライナーを導入した。走行試験は3月に始まり、乗務員の線路や信号施設への慣熟を目的に、国内の在来線では最速レベルの時速160キロで走行を繰り返している。【山田泰正】

【関連ニュース】
【写真特集】新型スカイライナーお披露目にはデザインした寛斎さんと上戸彩さん
【写真特集】これは美しいロングノーズだ…新幹線最速になるE5系をいろいろな角度からみる
【写真特集】ライバル・成田エクスプレス新型車両の内外装をじっくりみる
【この路線跡も走ります】成田新幹線計画とは何だったのか
【貴重な写真で振り返る】成田空港30年のあゆみ

春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
帆船「あこがれ」で上海万博へ 大阪市、親善大使の高校生募集(産経新聞)
新潟で震度4(時事通信)
地で行く“カバチ” 鳥取の行政書士を非弁活動で告発(産経新聞)
<火山噴火>成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)

<虐待>3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多(毎日新聞)

 福岡県警博多署は12日、3歳の次女をテーブルから床に突き落として意識不明となるけがをさせたとして、福岡市博多区の無職、山崎志穂容疑者(27)を暴行容疑で逮捕した。山崎容疑者は「テーブルの上に立っていたのでカッとなって押した」と容疑を認めているという。全身にやけどやあざもあったことから、同署は虐待が繰り返されていた疑いが強いとみて傷害容疑で調べる方針。

 意識不明となっているのは、山崎容疑者の次女の山本心結(みゆ)ちゃん。

 逮捕容疑は、11日午後10時10分ごろ、自宅でテーブルの上にいた心結ちゃんの背中を手で押し、35センチ下の畳に転落させたとしている。心結ちゃんは顔面を強く打ち、意識不明の重体。

 山崎容疑者は10分後「娘が意識がなく、呼吸もない」と自分で119番した。

 山崎容疑者は会社員の夫(31)と長女(7)、心結ちゃんとの4人暮らし。娘2人は山崎容疑者の連れ子で、山崎容疑者だけが夫の戸籍に入っていたという。

 近所の住民の話では、先月ごろから山崎容疑者の部屋から大きな声が聞こえるようになり、11日午後7時ごろにも山崎容疑者の怒鳴り声が響いていたという。今年1月の夕方には、心結ちゃんとみられる女児がパジャマ姿で部屋の前の廊下で泣いている姿も目撃されていた。心配した住民が山崎容疑者宅のチャイムを押しても反応がなかったという。【阿部周一、近松仁太郎】

あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
「医療機器は成長産業」-民主議連作業チームが初会合(医療介護CBニュース)
<将棋>三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)
帆船「あこがれ」で上海万博へ 大阪市、親善大使の高校生募集(産経新聞)
<井上ひさしさん死去>魂伝えた「遅筆堂」 平和へ行動(毎日新聞)

<威力業務妨害>商品にカッターの刃…都内のコンビニ3店舗(毎日新聞)

 東京都港区と新宿区のコンビニエンスストア「ローソン」の3店舗で3月、カッターナイフの刃を突き刺されたパンなどの商品が相次いで見つかっていたことが分かった。警視庁は何者かが商品の外袋の上から刃を刺し放置したとみて威力業務妨害容疑で捜査しており、防犯ビデオ映像の解析を進めている。けが人は出ていない。

 警視庁は3事件の発生日が約10日間に集中していることから同一人物による犯行の可能性が高いとみている。

 高輪署と新宿署によると、港区の店舗で3月上旬、袋の上からカッターナイフの刃を突き刺されたパンを客が発見。同じ日に同区内の別の店舗でも、キャンディーの外袋に刃が刺さっていた。3月12日には新宿区の店舗でパンに刃が刺してあるのを店員が見つけた。3件の中には、未使用の替え刃がそのまま刺さっているものもあったという。【内橋寿明、山本太一】

【関連ニュース】
威力業務妨害:運動場に無断でミカン植える…4人逮捕
威力業務妨害容疑:私立中に爆破予告メール 21歳男逮捕
威力業務妨害:ミカン苗木、校庭に130本 容疑の男逮捕「自分の土地だ」--宮崎
懲戒処分:成人式妨害の自衛官を停職 依願退職へ /長崎
佐世保市成人式妨害:「大人は責任が伴う」 告訴で市長が見解 /長崎

「首長新党」4月中に結成、参院選に10人以上(読売新聞)
父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
小6女児にわいせつ行為=大阪まで新幹線で呼び出す-容疑で38歳会社員逮捕(時事通信)
<名張毒ぶどう酒事件>差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)
科学的知見から迅速審理を 毒ぶどう酒事件(産経新聞)

JR福知山線脱線事故の被害者ら「空色の栞」作製 安全願い6千枚配布(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故の記憶を風化させまいと、事故の被害者や家族らが3日、事故当日の青い空にちなんだ「空色の栞(しおり)」を作製した。事故から5年となる25日にあわせ、安全への願いを込めてJR尼崎駅や沿線の駅周辺などで6千枚を配布する。

 しおりは縦約10センチ、横約5センチ。表には青空へ向かい羽ばたく鳥とともに「4・25 あの日を忘れない」というメッセージが、裏には負傷者の家族がつづった詩が印刷されている。

 この日は被害者らが兵庫県川西市で集まり、しおり1枚1枚に青いリボンを結びつけた。

 事故で次女が重傷を負った三井ハルコさん(54)=川西市=は「しおりを通して、事故への思い、安全への願いが人から人へと伝わっていってくれたらいいと思う」と話していた。

【関連記事】
伊丹市職員として恩返し JR西「事故教訓、考動を」
救助の一般市民、3割が今も自責や不眠 JR福知山線脱線事故
指定弁護士3人を選任 JR福知山線脱線事故で神戸地裁
あの日を忘れぬ、追悼ウォーク 福知山線脱線5年で負傷者の会
JR脱線で重傷の近大生 「人の役に」新たな一歩
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

岩手・宮城で被害61億円 チリ大地震「襲来」1カ月(河北新報)
関東沿岸、2日未明から強風警戒…気象庁(読売新聞)
<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)
「5月決着」目指し協議へ=普天間移設で日米外相(時事通信)
<蘭越母子殺傷>被告に無期懲役の判決 札幌地裁(毎日新聞)

毒ギョーザ容疑者逮捕、被害者「徹底解明を」(読売新聞)

 3家族10人が食中毒を起こした中国製冷凍ギョーザ事件。中国警察当局が毒を混入させたとして中国人男性(36)の身柄を拘束したとのニュースが飛び込んできた27日未明、日本国内の関係者からは安堵(あんど)とともに、「徹底した捜査で日本社会に与えた不安を払拭(ふっしょく)して」との声があがった。

 「精神的なショックは今も変わらず、家族の人生は一変してしまった」。兵庫県高砂市で2008年1月5日、家族3人でギョーザを食べて中毒症状を起こした男性(54)はこう憤る。妻(49)は「もう犯人は捕まらないと思っていた。捕まってほっとした」と話すが、男性は「同じような思いをすることがないように中国には捜査を徹底してほしい」と注文をつけた。

 一方、発生当時、事件対応に追われた関係省庁には驚きが走った。

 事件を機に、輸入食品の検疫体制を強化するなどした厚生労働省。幹部の一人は、「毒物が混入した経緯が分かれば、今後、それに対応した対策を練っていく必要がある」と説明。別の幹部も「捜査当局には徹底的に事実関係を解明し、日本社会に与えた不安を消してほしい」と期待を込めた。

 ギョーザ事件で中国公安当局との間で「コンタクト・ポイント」と呼ばれる連絡窓口の担当者を置き、定期的に情報交換してきた警察庁の幹部の一人は「毒物混入の捜査は難航しがちだが、中国側が真剣に捜査している雰囲気は伝わってきていた」と話した。

 日中間では犯罪人引き渡し条約が結ばれていないため、容疑者は中国で処罰される見通し。ただ、刑事共助条約は08年11月に発効しているため、今後、警察庁が捜査資料を提供するなど、中国側の捜査に協力する形になるとみられる。

戦時徴用者記録、韓国に提供=賃金未払い17万5千人、総額2億8千万円(時事通信)
住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)
政権担当能力が欠如と自民総裁=郵政改革、公明代表も批判(時事通信)
<脱税容疑>弁護士が所得税5000万円 名古屋国税局指摘(毎日新聞)
234万回分、使用期限切れ=余剰ワクチン廃棄へ-新型インフル・厚労省(時事通信)
プロフィール

ひろいとおり

Author:ひろいとおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。